検索
  • Mindful Coaching / Kikuo

フィードバックに学ぶ



前回はとてつもなく大きな夢を語ったので、

今回はちょっと小さな夢について…

<ゴルフで今年中にアンダーパーでラウンドしたい!> っていうのが夢です。


(夢なので何を言ってもOKということで…)


夢をかなえるには、黙って待っていてもしょうがない、


なので、練習はしています。


ただ黙々と一人で練習するのではなく、


最近ゴルフスクールに通っています。





通う理由は、「フィードバックが欲しいから」です。

自分がやっていることは自分では見えない。


自分ではわからないから、わからないままに進めてしまう。

それは、偶然ゴールに近づけてくれることもあるだろうけど、


確実に短時間でゴールに辿り着くためには、

フィードバックから学び、その活用が必要。

スクールでは、教えてもらうのではなく、

最新のビデオシステムを使って、

自分の姿を確認します。

自分がやろうと思ったことができていない、、、


ビデオは、それをそのままの姿で何もアドバイスもせず、


ただただあるがままに映し出してくれる。

主観の眼鏡ははずされ、そこには客観的な事実がある。


これはほんと効果的です。


自分の行動変容を非常に強く促してくれます。

そして、このことは、自分のコーチとしての在り方にも強く影響を与えてくれます。


良く、コーチは鏡となって、クライアントを映し出す


というけれど、自分はこれほど誠実に正確に映し出せているだろうか。


そこに何の濁りのない眼で観たことを、ジャッジをせずに、


あるがままに、言葉にして伝えることはできているだろうか

自分が大きな鏡の前に立ったときに、


全身がくまなくそのままに映し出される。

その時に映し出された姿を観て、


行動を変えたり(髪を調えたり、ネクタイをまっすぐ直したり etc)


感情が動いたり(安心したり、恥ずかしくなったり etc) する。

コーチとしての自分という存在は


そんな風にクライアントさんに影響を与えることが


できているだろうか。

感情を調え、行動を変容させていく。


それは、その先のゴールや夢を実現するため。

ゴルフスクールにはインストラクターの方がいますが、


特にアドバイスをしてもらうわけでもなく、


映し出されていることを解説してもらっています。


せっかくなので、次回言った時は


「今から3ランクくらいレベルアップするには何が必要ですか?


  3つぐらいアイデアをください。」


って質問してみようかと思います。

インストラクターの人の主観と、自分の中にある答を


照合しながら、前に進むことができたらいいな。

47回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示